Search this site
TRAVEL-TSUBOI-ARCHITECT&ASSOCIATES
<< キアズマ | TOP | 旅先での食生活 >>
アルテック
 ヘルシンキで行ってみたかった場所の1つ。
家具ブランド・アルテック(Artek)のショールーム。

建築家アルヴァ・アアルトと妻のアイノが自らデザインした家具を一般に広く普及させるため1935年に設立した家具ブランドです。日本でもアルテックの家具は人気があり、自分でも使っていますし、施主にもおすすめすることが多いです。

ショールームに入ると、日本では売っていない家具や照明器具の数々・・。
値段も日本で買うよりもかなりお安いので、いっそ買って帰りたい・・。と思えども、これからまだまだ旅は続くので、今回は目の保養までにとどめておきます(笑)

北欧では家具は生活する上でとても大切なもので、道具としての機能性だけでなくデザインが優れていることが重視されます。また、人々はアルテックの家具が自国のオリジナルであることに誇りを持ち、駅や学校など公共の場所にも多く使われています。

アアルトはフィンランドでは安価で手に入る白樺の木を薄くスライスして重ね、独特な曲げ加工を施すことで木材の強度を高めることに成功しました。曲線に加工された木の造形美は、生活の道具としての価値以上に人々の心を豊かにする何かがあります。

フィンランド人に聞くと、アルテックの家具には美しさと品格があり、それでいて使いやすく、飽きの来ない道具としての魅力があると言います。おじいちゃんの代で買ったアルテックのイスが孫の代でも普通に使われていて、いいものは長く使うことが当たり前なのだとか・・。設立されてから70年以上が経ちますが、アルテックの家具はフィンランドのみならず、世界中で愛され続けています。

いつかまた、ここに家具を買いに来たいと思います。


アルテック1.jpg


posted by Toki Tsuboi | 09:37 | フィンランド | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://tsuboi-travel.jugem.jp/trackback/17
トラックバック