Search this site
TRAVEL-TSUBOI-ARCHITECT&ASSOCIATES
キャピュラの住宅地区
 ヘルシンキの街のはずれにキャピュラの住宅地区がある。
中央駅から1番のトラムに乗ってちょうど終点。

終点に近づくにつれ、トラムがゆっくりとスピードを落とす。
緑に覆われた並木道をゆっくりとすすむと、ところどころに赤や黄色の建物が
ひょこひょこと顔をのぞかせる。切妻の屋根と板張りの外壁。小さな白い窓枠。
窓にかかったカーテンの色彩が人の目を楽しませている。

平日の昼間だったこともあって通りにはほとんど人は歩いていなかったものの、
オープンになっている庭には洗濯物が干してあったり、子供用の小さな家が
佇んでいたり、暮らしの雰囲気を少しだけ垣間見ることができた。

フィンランドでは娘さんが生まれると、庭に小さな家を建ててあげる習慣があるという。
その小さな家にもちゃんと内部空間と、外を楽しむためのアルコーブがついていて
そこにクッションなど置いて、天気のいい日は昼寝なんかしたりするのだろう。

この住宅地区は決して高級住宅地ではない。
むしろ第1次大戦戦後の復興の中で、応急処置的に築かれた簡素なものだ。
当時は物資も少なく、地元で調達できる木材を規格サイズに加工し、
短期間でより多くの家を建てられるようにプレファブ化された。

第2次大戦後に一度取り壊しの危機に直面したそうだが、
一般の市民や建築家などの反対で、街並みを残そうとする強い意志が
この住宅地区を救ったと言われている。

都市の中の自然。緑の多い住宅地。
その環境は何世代にもわたり、住む人の努力によって守られてきた。
自分の住む街は自分たちでつくるもの。
この緑豊かな街でのびのびと暮らしている人々の姿が目に浮かぶようだった。

キャピュラ3.jpg
トラム乗り場のサイン
キャピュラ2.jpg
緑で覆われた並み木道
キャピュラ4.jpg
北欧の木造民家
キャピュラ1.jpg
庭には子供用の小さな家が・・。とってもかわいい。

posted by Toki Tsuboi | 21:00 | フィンランド | comments(0) | trackbacks(0) |
アアルト自邸
アトリエに続き午後からはアアルトの自邸を見学する。
アトリエと自邸はほんの目と鼻の先という距離。

見学者もいろいろな国からやって来ているようで、
今日だけでも30人近く人はいるだろうか。
それだけアアルトの住宅建築には魅力があるということだろう。

見学まで少し時間があるので、芝生に腰を降ろして休んでいると、
日本語で声をかけられた・・。

話しかけてきたのはフランス人の男性。(マルタさんというらしい)
彼もアアルトの建築を見学してまわっているという。
日本には半年間留学していた経験があり、久しぶりに日本人に会ったので
懐かしくなってつい声をかけたのだそうだ。

オレンジのパンツと、スカイブルーのTシャツ・・なかなか派手なオジサンです(笑)
でもお話してみるととってもいい人で、パリで設計事務所を開いているそうだ。
もしパリにきたら遊びにおいで・・と親切な言葉をかけてもらった。

中に入る前に外観をゆっくりと見学することができた。
すると玄関のドアが開き、ガイドさんが手招きをしてくれた。

玄関先で見学のルールを聞く。2人づつ間隔をおいて入場させて人数を調整しているようだ。
私たちの番が来て、ゆっくりとリビングに出て行くと親密な空気に満ちた空間に思わず息を呑む。

すばらしい空間に出会うとき、人はいろいろな表現をすると思うけど、
ふと「天国に来た・・」という言葉が頭に浮かんできた。
楽園とはたぶんこのような場所のことなのかもしれない。

ゆっくりと流れるやさしい時間だけが家の中を満たしている。
住んでいた人が家を大切にしていた気持ちや、
ここで過ごした時間が住人にとっていかに豊かなものであったかが伝わってくる。
その幸せな空気がここには奇跡的に残っていた。

家の価値はこれみよがしのデザインでも、お金をかけた豪華さでもない。
住んだ人にどれだけ愛されたか・・。家の価値は本来そこにあるのではないだろうか。
ここに来た私たちにアアルトが何かを教えてくれているような気がした。


アアルト自宅1.jpg
リビング
アアルト自宅2.jpg
リビング
自邸5

アアルト自宅4.jpg
作業スペース
アアルト自宅3.jpg
ベッドルーム

posted by Toki Tsuboi | 20:04 | フィンランド | comments(0) | trackbacks(0) |
アアルトのアトリエ
 旅の中で訪問を特別楽しみにしていた場所がある。
建築家アルヴァ・アアルトのアトリエと自宅もそのうちの1つ。
この場所に訪れるのを、どれほど待ちわびていたことだろう。

前日はさぞかし楽しみできっと寝られないのでは・・。と思っていたが、
実際は毎日歩きつかれて、ベットに入ったらすぐに爆睡状態・・。
おかげではやくこのときを迎えることができてうれしい(笑)

ユースを出ると外は快晴。この日の朝の気分は、思い返せば久しく味わったことのない爽快さだった。
トラムに乗って目的地へ向かう。見学は時間が決まっていて、午前と午後の1日2回。(今は1日1回らしい)
アトリエと自宅を管理しているアアルト財団の方が中を案内してくれる。

見学料は15ユーロ/1人。自宅部分とあわせると合計30ユーロ/1人で貧乏旅行者にはかなり高額。
でもこの建築をずっと残してゆくために使われるお金なら決して高いとは思わない。
こういう投資はこの先もすることになるだろうが、生活費を削っても惜しくはない。

午前中の見学にうまく入ることができた。まずはアルヴァ・アアルトのアトリエに案内される。
ここは彼が実際に仕事をしていた事務所だ。白いモダンな外観が青い空を切り取る。
白い板張りの壁に反射する柔らかな光。中庭を囲む緑豊かな室内。
当時の図面やスケッチ、模型もそのまま置いてあり、あの名作建築もこの場所で生まれたものだ。

仕事場なのに、気持ちが開放されていく感覚。ここで働くスタッフも皆リラックスしている。
「みんなそんなところでつっ立っていないで、コーヒーでもどうだい?」
アアルトが亡くなってから30年以上経つけれどその壁の奥からアアルトがふと出てきそうな・・そんな雰囲気がある。

「いい仕事は気持ちをリラックスさせなければできないよ。」

スタッフの方が何気なく言われたその言葉が何だかとてもショックだった。
自分自身が日々の生活を楽しむこと。それがいい空間を設計する何よりの秘訣。
これはいくら本を読んでも見つからないはずだ。

ここで感じた優しい空気をこの先ずっと忘れないでいようと思った。

アアルトアトリエ2.jpg
アアルトアトリエ1.jpgアアルトアトリエ4.jpgアアルトアトリエ3.jpg
アルヴァ・アアルトのアトリエ
posted by Toki Tsuboi | 18:23 | フィンランド | comments(0) | trackbacks(0) |
旅先でフリーズ?

 2ヶ月間もの旅すると撮った写真の数も半端ではない。

この旅で撮った写真はざっと1万枚を超える。それほどの写真をどのように記録していたかというと、当時出たばかりのipodが実はとても役に立った。Ipodは音楽だけでなく、60Gのハードディスクとして使うことができるので膨大な写真データを保存しておくのに重宝した。仮にデジカメの容量がいっぱいになってもipodに移しておけば何枚でも写真が撮れる。

ある日出かけた先で、データをipodに移そうとしたら急に電源が落ちて動かなくなってしまった・・。
充電したばかりだったのでバッテリー切れのはずはなく、いろいろ操作してみても全く反応がない。

予期せぬ事態にかなり焦る。何日もかけて撮ってきた写真が失われたかもしれない。その上ipodの説明書を日本に置いてきたことに気づき更にショック・・。いろいろ考えた末、インターネットカフェに入りそこでipodの修理方法を調べることにする。

パソコンで日本語入力ができないので、検索するのも困難を極める。調べた末にようやく再起動の方法を発見し、試したところipodは無事にもとに戻り写真も全て残っていた。今から思えば大したことではなかったけれど、そのときは藁をもすがる気持ちだった(苦笑)

この一件以来このipodに愛着がわいてしまい、モデルチェンジしても未だにコレを手放せずに使い続けている。

ipod

posted by Toki Tsuboi | 19:26 | フィンランド | comments(0) | trackbacks(0) |
光を奏でる教会

 ヘルシンキから電車に乗って20分ほど行くと、光の美しい教会がある。
建築家ユハ・レイヴィスカ設計のミュールマキ教会。1984年に完成した。

ユハ・レイヴィスカは日本ではあまり知られていない建築家だが、フィンランドではとても有名な人物。建築のほかに音楽にも造詣が深く、創り出す空間もどこか音楽に通じるところがある。

この教会は「光を奏でる楽器」と称されるように、リズミカルに配された何枚もの壁が空間に動きを与えている。その隙間から入ってくる柔らかな光と天を舞うような美しい照明が自然に織り合い、まるで音楽を奏でているかのような直感的な心地よさを与えてくれる。

大きな教会のもつあの独特な崇高さというより、むしろ地域の憩いの場としてのアットホームな雰囲気がある。今日は平日なので中には誰もいなかったが、はじめて訪れた私たちをやさしく迎え入れてくれるような・・そんな懐の深さを感じた。ミサのときにはさぞかしすばらしい空間になるだろうし、今日のように静けさに満ちた教会というのも実にいい。

細部を見るとかなり荒っぽい手仕事も目にするが、そんなことはたいしたことではないと思えるほどすばらしい「空間」がそこにはあった。建築にとって大切なことは何か。そんなことを思わせてくれる教会だった。

ミュールマキ教会1
ミュールマキ教会2
ミュールマキ教会3

posted by Toki Tsuboi | 20:10 | フィンランド | comments(0) | trackbacks(0) |
ユースホステル
 ヘルシンキに滞在中は、スタディオン(ユースホステル)に泊まっていた。

ユースホステルは世界中の都市にある。街の中心部からは少し離れているけれど、安く泊まることができるので学生などに人気が高い。意外にも学生だけかと思いきや、老夫婦の旅行者やビジネスマンなども多く利用している。部屋は個室とドミトリーがあり、ドミトリーとは相部屋でいろいろな国の人たちと一緒に寝泊りをする。

国も言葉も違う人間が同じ部屋で寝泊りすることに最初は戸惑いがあったけれど、数日居ると挨拶や簡単なコミュニケーションくらいはできるようになってくる。人間切羽詰まるとやれるもんです(笑)今日は洗濯機の使い方を同じ部屋の人に教えてもらった。となりでは窓を開けて寝るかどうかで何やら議論が始まっている(笑)

夏休み中ということもあり、スタディオンにもたくさんの旅行者がやってくる。やはりヨーロッパから来ている人が多いようだ。イギリス人、ロシア人、ドイツ人、フランス人、イタリア人、アジアでは中国人、韓国人、そして日本人も来ている。ここスタディオンでは3人の日本人女性に出会った。

3人とも1人で旅をしている気骨のある人たち(笑)こういう場所で出会うのも何かの縁。久しぶりに日本語で会話ができることが、何だかとても嬉しかった。ラウンジでお互いに情報交換などしながら楽しい時間を過ごす。

北海道から1人でやってきた女性。気ままな1人旅に憧れていたのだとか。仕事をやめたタイミングでフィンランドにやってきた。これから気の向くままにフィンランドを歩いてみるそうだ。

愛媛からきた学生さん。学生最後の旅をするためフィンランドにやってきた。聞けば1人でロシアから鉄道で旅をしてきたらしい。最終目的地のフィンランドで彼女は旅を終える。社会人になってこの経験が生かせる職業に就きたいそうだ。

ロンドンに留学中の学生さん。専攻は建築で夏休みを利用してフィンランドに来ているとのこと。アアルトの建築や、北欧の建築を勉強のために観て歩いているそうだ。彼女はスウェーデンを経由してフィンランドにやってきた。私たちはこれからスウェーデンに渡る予定なので現地の情報を彼女から聞くことができてとても有難かった。

異国の地ではじめて出会った人と話をするのは楽しいものだ。もう少し言葉が伝われば・・と歯がゆくなることも多いが、それなりにユースホステルでの生活を楽しんでいる。これもこういう旅ならではのことかもしれない。(ここで出会った人たちとは帰国してからもお互い近況などを手紙で伝えあっている。)

これからまたどんな人たちに出会えるのか・・今からとても楽しみだ。


posted by Toki Tsuboi | 20:22 | フィンランド | comments(0) | trackbacks(0) |
旅先での食生活

 今回はヘルシンキ滞在中の食生活について。

毎日街中を歩き周ると、若いとはいえさすがに疲れる。食事は疲れた身体を癒す栄養源だが、長旅では生活費(食費)の節約が大きなポイントになるので決して贅沢はできない。とはいえ偏った食事は身体によくないので、出来るだけバランスのよい食事を心がける。

フィンランドに到着した日は宿の手配やトラムチケットの入手と・・・ともろもろ作業をしていたらあっという間に時間は過ぎ、食事をしに街へ繰り出したのは夜8時半過ぎだった。

今は夏なので夜8時半といっても外はかなり明るい。「最初の食事は何にしようかな?」と楽しみに辺りを見回すと・・・開いているお店がほとんどない(泣)。スーパーや商店もとっくに閉まっている時間・・・仕方なく駅前のマクドナルドに入ることにする。たまたまチョイスしたものが悪かったせいか、正直あまりおいしくない。

翌日、駅近くのストックマンデパートの地下食品街でみつけた惣菜屋さんのお弁当がとてもおいしかった。しかしデパ地下の惣菜は高価なので、この先ずっとは続けられない。ユースホステルには共同で使えるキッチンがあり、スーパーで材料を買えばそこで簡単な食事はつくることができる。これからは自炊することを考えよう。一緒に泊まっている人たちを見ると、市場で買ってきた野菜とパンいう感じでみんな質素なものだ。

フィンランドは物価も高く食品の消費税は17%。安くて簡単につくれるものといえばおのずと野菜+パスタやサンドイッチという選択肢になった。でもせっかくの旅なので、たまには外食もしたい・・。しかしフィンランドは日本に比べて食文化には乏しく、特別有名な料理はないらしい。あえて言うならトナカイの肉くらいか・・。

フィンランド人は外食するのは本当に特別なときだけで、ちょっとしたパーティなら自分の家に人を招く。食事も質素でスープとサラダにじゃがいも程度。日本のような過剰なもてなしはしないらしい。郷に入れば郷に従え。私たちも毎日の食事は質素でいこう。

でも今日だけはちょっと特別に・・。ヘルシンキに来てはじめて入ったレストランは「ロッタちゃんのハンドメイドのある暮らし」にも登場する「シーホース」というお店。ヘルシンキに来たら是非行ってみたいレストランだったので今日は少し贅沢な夕食。メニューの解読に四苦八苦している私達に店員のアンナさんが親切に対応してくれた。

豆のスープにバゲット、サーモングリルとキャベツロール。店の雰囲気はとても良くて、料理もすごくおいしかった♪今夜はとても幸せな時間を過ごすことができました。

ロッタちゃんのシーホース1

posted by Toki Tsuboi | 08:56 | フィンランド | comments(0) | trackbacks(0) |
アルテック
 ヘルシンキで行ってみたかった場所の1つ。
家具ブランド・アルテック(Artek)のショールーム。

建築家アルヴァ・アアルトと妻のアイノが自らデザインした家具を一般に広く普及させるため1935年に設立した家具ブランドです。日本でもアルテックの家具は人気があり、自分でも使っていますし、施主にもおすすめすることが多いです。

ショールームに入ると、日本では売っていない家具や照明器具の数々・・。
値段も日本で買うよりもかなりお安いので、いっそ買って帰りたい・・。と思えども、これからまだまだ旅は続くので、今回は目の保養までにとどめておきます(笑)

北欧では家具は生活する上でとても大切なもので、道具としての機能性だけでなくデザインが優れていることが重視されます。また、人々はアルテックの家具が自国のオリジナルであることに誇りを持ち、駅や学校など公共の場所にも多く使われています。

アアルトはフィンランドでは安価で手に入る白樺の木を薄くスライスして重ね、独特な曲げ加工を施すことで木材の強度を高めることに成功しました。曲線に加工された木の造形美は、生活の道具としての価値以上に人々の心を豊かにする何かがあります。

フィンランド人に聞くと、アルテックの家具には美しさと品格があり、それでいて使いやすく、飽きの来ない道具としての魅力があると言います。おじいちゃんの代で買ったアルテックのイスが孫の代でも普通に使われていて、いいものは長く使うことが当たり前なのだとか・・。設立されてから70年以上が経ちますが、アルテックの家具はフィンランドのみならず、世界中で愛され続けています。

いつかまた、ここに家具を買いに来たいと思います。


アルテック1.jpg


posted by Toki Tsuboi | 09:37 | フィンランド | comments(0) | trackbacks(0) |
キアズマ

 ヘルシンキの街中に一際異彩を放った建物がある。

キアズマ1

アメリカの建築家スティーブン・ホールの設計によるフィンランド現代美術館。通称キアズマ。
ヘルシンキ中央駅から歩いてすぐのところに建っていて、鉄道の駅からもよく見える。まるで生き物のようにうねった外観は、近くによるとすごい迫力。ヨーロッパ広しといえども、そうめったにはお目にかかれない斬新な建物。

キアズマ2

中に入ると、メインエントランスの天井からは明るい光が降り注ぐ。光の下には美しい曲線をもつスロープが視線を上階へと導く。白い壁はコンクリートに塗装したものだが、型枠の痕がしっかりと残り、コンクリートに柔らかい表情を与えている。黒く塗られた床がいっそうそれを引き立てる。

キアズマ3

多方向から入ってくる様々な光が滑らかに壁を伝い、独特な肌触り感を出している。彼の書いた建築論を読むと、とても複雑で難解だが、空間の現象を言語で説明しようとするとそうなってしまうのだろうか・・。

キアズマ4キアズマ5

窓の方立てや手摺、ドアノブなどはすべて手造りで彫刻的な美しさと手造りの柔らかさが際立つ。
部分と全体の緻密な関係。スティーブン・ホールの建築もまた光が重要なテーマとなっているようだ。
「光」は現象を生み出すための「素材の1つ」ということだろうか。

誠、フィンランドにふさわしいデザインです。


posted by Toki Tsuboi | 09:41 | フィンランド | comments(0) | trackbacks(0) |
中央広場に行く
街の中心にある広場にやってきました。

観光案内所で街の地図を手に入れたので、トラムを降りて街の中を歩いて散策してみることに・・。
ヘルシンキの街はほどよい大きさで、全貌を把握するのにそれほど時間はかからない。
まずは街の中心にある広場に行ってみることにする。

広場2

広場には大聖堂があり、白い外壁が空の色に生えてとても美しい。
地図を片手に通りの名前などを確認しながら、大聖堂に昇る階段に腰掛けて、ヘルシンキの街を眺めながらボーっとする。
広場のスタンドでアイスクリームを買って至福のときを過ごす(笑)。

階段を下りると石畳でできた広場がある。休日ともなればこの広場は青空市場となり、地元の人々の憩いの場となる。
今日は平日ということもあって広場には観光客や学生たちが思い思いの時間を過ごしていた。

広場1

広場は港に面していて、海岸通りを散歩すると潮風が何とも心地が良い。
道が広く、行き交う車や自転車も、ゆっくりと港の景色を眺めながら運転しているようにも見えた。
周りの建物が低く抑えられていて、歩いていると空がとても広く感じる。

港にはスウェーデン行きのシリアライン(客船)が停泊している。フィンランドを出るときはこの船に乗ってスウェーデンに渡ると決めていたので今から乗るのがとても楽しみだ。

広場3

今日は本当に天気がよかった!

posted by Toki Tsuboi | 20:54 | フィンランド | comments(0) | trackbacks(0) |